about aalto

会津の自然と文化の宝庫。

会津・裏磐梯は、磐梯山や桧原湖、五色沼などの豊かな自然に恵まれた地。
東北・北陸の3県にまたがる、大きな国立公園の中にあります。
裏磐梯の森にそっと佇む宿、ホテリ・アアルト。
会津の伝統工芸である漆器の“金継ぎ”のように、壊れたものを魅力いっぱいに蘇らせたい。
そんな想いから建築家3人が、築40年の山荘をリユースしました。
地元産の上質な杉を用いた内装や、会津伝統野菜を使った料理、
会津文化を楽しむ機会も豊富にご用意しています。

居心地の良いロビー 会津の民芸
北欧を感じるユニークな宿。
フィンランド語でHOTELLIは“ホテル”、AALTOは“波”を意味します。
裏磐梯と同じく、自然とともに暮らす北欧。
2つの心をつなげたいという想いから、ホテリ・アアルトと名付けました。
北欧では、長く厳しい冬をお部屋で楽しく過ごすため、家具の心地よさにこだわります。
アアルトでもその考えを取り入れ、アルテックのスツールや、
ハンス・J・ウェグナーのチェア、フィンランド人作家のオブジェなど、北欧の名作家具をセレクト。
本物の北欧文化を、心ゆくまで感じてください。
北欧の家具やアート作品
ロッジを予約する